闇を暴く!?ロレックスの高すぎるオーバーホール料金の秘密3選!!

2019.04.23

1

高級腕時計として名高いロレックスの腕時計は、安くても数十万円、高ければ百万円以上もの金額で販売されており、その丈夫さや機能性、デザイン性などからいくら金額が高くても購入希望者が後を絶ちません。

そんな高額な腕時計は購入後に掛かる維持費も必然的に高額になってきてしまいます。

維持費で一番高くつくのは、数万円もするオーバーホール料金です。

「高いから大丈夫」「丈夫だから」と、一言にまとめてオーバーホールをせずに使用し続けてしまうと、何らかのアクシデントで取り返しのつかないような故障を起こす場合があります。

 

その高額な料金は、中古で売却する際にも買取店によっては腕時計の金額から高いオーバーホール料金を差し引かれることもあります。

そこで今回は定期的に必要なオーバーホールの料金がなぜここまで高いのかを紹介します。

ロレックスにオーバーホールが必要な理由

2

ロレックスの腕時計のほとんどは機械式と呼ばれるムーブメントで作られており、現在発売されているすべてのモデルは、腕を振ることで自動的にゼンマイが巻かれて時計を動かす「自動巻き」になっています。

この自動巻き機能は、ムーブメントに内蔵されているローターが振動によって回転し、その回転が歯車に伝わってゼンマイが自動的にまかれる仕組みなので、毎日ゼンマイを回す必要もなく、電池の交換も必要なく、ずっと腕時計が動き続けるように作られています。

なので、同じロレックスを毎日使用しない場合だと、振動によるゼンマイの巻き上げができなくなってしまうので腕時計は止まってしまいます。

自動巻きは毎日腕時計を使用する方にはとても便利な機能ですが、オーバーホールをせずに使用し続けると歯車がすり減ってきてしまったり、歯車のオイルが減ってしまったり、使用頻度が低い場合は内部の部品同士のかみ合わせが悪くなってしまい故障の原因となってしまうので定期的なオーバーホールが必ず必要となってくるのです。

ロレックスのオーバーホール料金が高い理由NO.1

3

自動巻きの技術を保ち、故障を防ぐために料金が高くてもオーバーホールが必要だという事を紹介しました。

この必要不可欠なオーバーホールの料金が高いNO.1の理由は、自動巻きの技術によるものです。

自動巻きの技術は、高度で繊細な仕組みとなっていることからムーブメントを取り出し、すべての部品を分解するまでの時間と労力が、一般的な電池式やソーラー式の腕時計よりも数倍必要になってしまいます。

なので、一般的な電池式やソーラー式の腕時計よりもとても手間がかかることからロレックスのオーバーホール料金は高くなってしまうのです。

オーバーホール料金が高い理由NO.2

4

NO.2の理由は、分解し再度組み立て上げることができる技術と知識を持った熟練の職人が少ないことです。

頑丈で丈夫に作られているロレックスは、繊細な技術が施されている自動巻きの技術以外にも、防水や耐衝撃などの面でも高度な技術が用いられています。

そのため、一般的な腕時計を分解する際に必要な知識に加え、自動巻きを分解することができる技術や知識、さらにロレックス独自の自動巻きに関する知識や技量と防水加工や衝撃加工に関する知識や技量も必要になってきます。

この、ロレックス独自の繊細な技術を正確に分解し、もう一度組みなおすことができる技量を持った職人はロレックスを普段から取り扱い、専門としているような方でしか正確に行うことはできないので、一般的な時計の修理ではしっかり正確に対応してもらえない場合があります。

 

精通した熟練の技術と知識が豊富な職人が少なく、1週間のうちに対応できる本数もごくわずかなことから、ロレックスのオーバーホール料金は必然的に高くなってしまいます。

 

オーバーホール料金が高い理由NO.3

5

NO.3の理由は、必要な工程が多いことと部品料金の高さです。

ロレックスのオーバーホールは、繊細に複雑に作りこまれたムーブメントを分解する作業に時間や労力がとても必要となります。

 

さらに分解したいくつものパーツを、一つ一つ劣化や故障がないかを見極め、数ミリ単位のとても小さな部品にまで付着している自動巻きの技術に必要不可欠なオイルの汚れをきっちり洗浄し、また一つ一つの部品にオイルを差しなおさなければいけません。

ここから、綺麗に洗浄され新しいオイルを差しなおされた部品を元通りに組み立てなおし、やっと作業が終了します。

この一連の気の遠くなるような作業だけでも料金が高くなる理由として理解できますが、さらに、劣化している部品や故障している部品を交換するためにロレックスの正規部品が必要となり、併用できる安い部品がないことから高額な部品料金も発生してくるので、オーバーホールの料金はとても高くなってしまいます。

まとめ

6

ロレックスのオーバーホール料金が高い理由は、一般的な電池式やソーラー式の腕時計よりも手間がかかる複雑な自動巻きが採用されていること、複雑な自動巻きの技術や防水加工などの技術を正確に対処できる職人が少ないこと、作業の工程が多く部品を交換する場合は正規の高価な部品が必要となってくることです。

高価で頑丈な腕時計として有名なロレックスですが、オーバーホールを怠ってしまうと取り返しのつかないような故障を招いてしまったり、修理代金が数万円では効かなくなってしまう事もあります。

ブランドファインでは中古でお買取をさせていただく際に、取り価格からオーバーホール料金は差し引かず、通常よりも高い金額でご提示させていただきますので、高価格で売却することが可能です!!

是非、オーバーホールにお悩みであれば、一度買取査定にお申し込みください!!

スクリーンショット 2019-03-21 15.56.11

選べる買取方法

  • ブランド宅配買取キットのお取寄せ 梱包材を無料で取寄せて発送
  • 自分で梱包してすぐに郵送!ブランド買取査定依頼
  • 神戸を拠点にブランド店頭買取も行っております

お電話でのお問い合わせを受け付けています

買取強化中

買取強化ブランド

  • ルイヴィトン 高価買取中!
  • エルメス 高価買取中!
  • シャネル 高価買取中!
  • ロレックス 高価買取中!
  • グッチ 高価買取中!
  • プラダ 高価買取中!
  • フォクシー 高価買取中!
  • オメガ 高価買取中!
  • タグ・ホイヤー 高価買取中!

買取強化アイテム

  • アパレルブランド 高価買取中!
  • ブランドメガネ 高価買取中!
  • ブランド靴 高価買取中!

本日の金・プラチナ買取価格

金 買取価格

K24

07/16の基準相場:\ 4,586

K18

07/16の基準相場:¥3,499

プラチナ 買取価格

Pt10004

07/16の基準相場:¥2,733

Pt900

07/16の基準相場:¥2,494

金・プラチナ買取価格の詳細

ファイングッズが選ばれている理由 高価買取のしくみ

ファイングッズについて

兵庫県公安委員会:第631201500002号

ブランド・ファイン神戸本店地図
神戸市北区八多町下小名田875-1
フリーダイヤル:0120-088-177
TEL: 078-950-1635
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 毎週水曜日
ブランド・ファイン三宮店地図
神戸市中央区旭通5丁目2-13
TEL: 0120-088-176
営業時間:
10:00~18:00
定休日: 毎週水曜日/第3土曜日