壊れたロレックス買取コラム

Vol3. 買取時に必要なものと査定について

2018年11月30日

買取入力中

ブランド・ファインにて査定をおこない、その査定額にご満足頂ければそのまま買取させていただきます。その際に必要なものが身分証明書です。
身分証明書として以下の中から一つのみご提出頂ければ大丈夫です。

・運転免許証
・健康保険証(船員保険証)
・国民健康保険証
・後期高齢者医療保険証
・住民基本台帳カード(写真付きのもの)
・身体障がい者手帳
・日本国パスポート
・生活保護受給証
・外国人登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書

自分のロレックスを売るのになぜ身分証明書を提出しなくてはならないの?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。
実はロレックスだけでなく、買取店では必ず身分証明書を提示しなくてはならないという決まりがあります。それは「古物営業法」で定められているもので、買取店をはじめ、質屋、リサイクルショップなどは、お客様の身分証確認が義務付けられています。
そのため、身分証明書を提示していただくか、そのコピーをいただき、ご本人であることを確認しています。

ではなぜそれが義務付けられているのでしょうか。それは「警察への協力のため」です。
ロレックスやブランド品を取り扱うお店には、どうしても盗品が紛れ込んでしまう恐れがあります。盗品を販売するのは犯罪になります。
つまり盗品であるかどうか、逆に盗品でないことを把握可能にすることによって、犯罪防止の手助けをすることができます。盗品であった場合、誰がいつ何を売ったのかを明確にするためにも身分証明書が必要なのです。もしも身分証明書がない場合は、買取することができません。
これから買取を考えていらっしゃる方は、身分証明書のご用意をお願い致します。

ブランド・ファインに壊れたロレックスを送って頂く段階では「買い取ってもらうかどうかは金額による」という風に、買取に迷っているなんて方もいらっしゃいます。まずは査定だけしてほしいと、希望されるお客様は実は結構いらっしゃいます。
ブランド・ファインでは見積査定を無料で対応しております。買取額にご納得いただけなければキャンセルして頂いても大丈夫です。キャンセル料も返送料も無料で対応させて頂いております。

当店ブランド・ファインでは、壊れたロレックスの買取だけでなく、カルティエ、オメガ、エルメス、ブルガリ、グッチなどさまざまな高級ブランド時計を査定・買取を承っております。
なにかお売りいただける物をがございましたら、ぜひメールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さいませ。

  • ROLEX
  • Cartier
  • OMEGA
  • HERMES
  • PANERAI
  • BVLGARI
  • Gucci
  • IWC
  • ORIS